オープンソース情報データベース「OSS iPedia」をリニューアル

公開日時: 2010-03-19 11:00
最終更新日時: 2010-03-19 11:01

オープンソース情報データベース「OSS iPedia」は、一層の利便性向上のため、使い勝手やコンテンツの拡充などの機能強化を実施して本日からリニューアル公開しました。これは、IPAオープンソフトウェア・センター(OSC)内に設置されている「データベースワーキンググループ」という有識者から成る委員会の監修によるもので、OSS活用の視点からの示唆が反映されています。

「OSS iPedia」について

「OSS iPedia」は、インターネットを通じてOSS関連情報の登録や参照ができるオープンソース情報データベースです。2006年5月15日の公開からの累計アクセス数は約4,272万件に上ります(2010年2月現在)。アクセス件数は徐々に増加しており、2010年2月の1か月間では約273万件を数えました。「OSS iPedia」は、OSS開発者やシステム構築者をはじめ、多くの企業・官公庁関係者などに利用されています。

より使いやすく

今回の機能強化では、これまでの「導入事例」、「性能評価」「公開資料」「用語集、Q&A」に加えて、「記事」掲載機能を追加しました。この「記事」においては、OSCからの発信情報のほか、OSCが選定したOSSに関わる有識者で構成する執筆陣による記事を掲載していく予定です。
また、利用者のそれぞれの視点で知りたい情報に、より容易に辿り着くことができるようにするため、目的別のメニューの機能を追加しました。

その他の主な機能強化

  • 「Web API 」による外部サイトへのデータベース情報提供機能
    利用者が、「Web API」を用いて「OSS iPedia」のコンテンツの更新内容や、キーワード検索した結果をデータとして取得する機能を追加しました。これにより、OSSに関連する他のサイトでのコンテンツの参照や、データの連携が容易になります。

  • 導入事例の機能改善
    さまざまなOSS活用導入事例に対応するため、事例の登録にあたって入力すべき項目を改定し、また柔軟に変更できるようにしました。あわせて、検索・閲覧の利便性を高めました。

  • 検索機能の改善
    IPAフォント、GPLv3日本語訳、OSSアプリケーションカタログなどの静的コンテンツと、データベースに登録されているコンテンツを、横断的に検索することが可能になりました。